Profile

板東 聖子(ばんどう せいこ)

 

愛媛県松山市出身。愛媛県立松山東高等学校卒業後、音大に進学。

 

2008年。初めて迎えたW.コーギーの子犬(こむぎ/♀)の半年検診の結果が思わしくなく、フードを変えたり、薬などを処方してもらうも目に見える改善がなく途方に暮れていたところ、須崎医師の手作り食の本に出会う。

わらをもつかむ思いで実践すると、数日で体臭がなくなり、被毛が生き生きとし始めるなど体に目に見える変化が起こり始めたことに驚き、何度かの浮き沈みを経て数年後、遂に全ての項目がクリアとなる。

 

子犬を迎えたと時を同じくして、自身も職場での事故により体調を著しく崩し、その後遺症の為、一時演奏活動の中断を余儀なくされていたが、こむぎへの「手作り食」をつくることで自ずと自炊をはじめ、自身のケアもするようになり、 その後不安定だった自身の体調にも改善がみられはじめ、改めて「食」の大切さを痛感する。

 

また、食とともに、自然なケアをしていくことの重要性も、日々体を保つためには重要と思い知ったことから、メディカルハーブやメディカルアロマなどを学び、実践を始める。

 

2014年末、愛媛県へ家族で移住。

現在は『動物も人も「食」が大事である』と多くの人に伝えるべく、講座開催等活動を行っている。

 

 

 


License

ペット食育協会(APNA)認定上級指導士

ペットアロマ・セラピスト

ホリスティックケア・カウンセラー

ペット薬膳管理士

ペット東洋医学アドバイザー

メディカルハーブコーディネーター